健康

血圧が高めの人は要注意!秋は気温差が激しいので突然死のリスクも

投稿日:2018年10月10日 更新日:

すっかり秋めいてきて涼しくなったかな?と思ったら、急に真夏日に逆戻りなど気温差の激しい日々が続いてきて体調管理も大変ですよね。先日なんて@moeの家の周りでは10月なのに蝉が鳴いてました(笑)

気温差が激しくて風邪をひきやすい日々ですが、血圧が高いと突然死のリスクも高くなるので普段から血圧が高めの方は最後までお読み下さいね。

血圧が高くなる要因は

stevepb / Pixabay

血圧が高くなる理由はいろいろと考えられていますが主な要因として、

  • 塩分の摂り過ぎ
  • 肥満・メタボリックシンドローム
  • ストレス
  • 喫煙
  • 運動不足

などが言われています。血圧が高めの方は上記にどれか思い当たるところがあるのではないでしょうか?

塩分の摂り過ぎはどうして血圧が上がるの?

どうして塩分を摂り過ぎると血圧が上昇するのか?気になる方も多いのではないでしょうか。

その理由は、塩分を摂りすぎると人間の身体は血液中の塩分量を薄めようとして、血液中の水分を増やします。そのことによって血液量全体が増えて血管を圧迫して血圧が上昇すると言われています。

ちなみに平成23年の国民健康・栄養調査結果では日本国民1人1日あたりの食塩摂取量は平均10.4g(男性11.4g、女性9.4g)でした。ちょっと摂り過ぎですよね…。

日本人の食事摂取基準(2010年版)では食塩摂取量の目標が男性9.0g、女性7.5gであることを考えるとやっぱり多いですよね。

また、普段から血圧が高いと言われている方の生活習慣病の改善指導では、塩分摂取量の目標は6.0gと言われています。

高血圧の基準

高血圧の基準となる血圧は時代によって変化するのですが、一つの指標として高血圧治療ガイドラインというのがあります。

最新の高血圧治療ガイドライン(2014年版)によると、高血圧の基準としては病院などで測定する診察室血圧で140/90mmHg、家庭で測定する家庭な血圧では35/85mmHgが一般的に認識されているようです。

病院だと緊張して5も上昇するんですね(笑)

ちなみに血圧の上の値が収縮期血圧、下の血圧を拡張期血圧と呼ぶので、血圧を意識されるときは覚えておくと便利ですよ♪

血圧が高めの人が秋に要注意なその理由は

ここまでは血圧全般のお話をしてきましたが、どうして秋は要注意なのでしょうか?!

前述した通り、血圧の上昇にはストレスが大きく影響を与えるのですが、季節替わりのこの時期(秋)、気温差が激しいですよね? この気温差が身体にストレスを与えると考えられています。

そして、同じ季節替わりであっても春と比べてどんどん気温が下がってくる秋は血管が縮こまってくるため危険なのです。

脳出血や脳梗塞、心筋梗塞などいわゆる「血管事故」の病気が秋から冬にかけて増えてくるとも言われているので、普段から血管に負担をかけている血圧高めの人は普段以上に注意が必要ですね。

@moeも減塩と運動活動しようかな♪

-健康
-, , , , ,

執筆者:

関連記事

背中の痛みや、胸痛のほかに足の付け根の痛みまでも、意外と知られていない肋間神経痛について

皆さんも一度は名前を聞いたことがあるはずの「肋間神経痛」、その名の通り神経痛で、イメージからすると年配の方がなる病気といった感じですが… どうやら最近では小学生でも肋間神経痛になる子がいるそうです。 …

no image

ついつい足を組んじゃうことってありますよね?足を組む癖の改善方法を調査してみました

電車の中とか、デスクワークや勉強時に椅子に座った時など、ついつい足を組んじゃうことってありますよね? でも、足を組むことが習慣になるのは良くないようです。 そこで、今回は足を組む癖の改善方法を調査して …

咳をすると脇の下が痛くなったら要注意。こんなに危険な可能性があった。

咳をすると脇の下が痛くなった経験はありませんか? 咳をした後に脇の下が痛くなる原因はいくつか考えられるのですが、その中にはすぐにでも病院に行った方が良い場合もあるので、安易にロキソニンやルナのような市 …

no image

医療脱毛って、普通の脱毛となにがどう違うの?お金がかかるのはわかるけど。

電車の車内でよく見かける広告「医療脱毛」 脱毛にあえて「医療」を付けているけど、そもそも医療脱毛ど普通の脱毛ってなにがどう違うの? お金がかかる、高いイメージはあるけど気になりますよね? 医療って名前 …

肩のコリ・痛みには要注意。風邪で肩が痛くなることも。

最近やけに肩が凝るとか、肩が痛いとかありませんか? 普通に生活をしていても疲れであったり、加齢が原因などで肩がこったりするので安易に考えがちな肩の違和感ですが、ときには病気のサインであったりすることも …